解体工事の流れ|解体工事は東京都足立区のWORKSにお任せください

解体工事の流れ

HOME > 解体工事の流れ

お問い合わせからの流れ

「建物の解体をお願いしたいけど、どういう流れで行われるの?」という方に、当社にお問い合わせいただいてからの流れをご紹介します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

1.お問い合わせ

[画像]お問い合わせ

お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
ご相談のみのご依頼もお受けしていますのでお気軽にご連絡ください。

TEL:03-5851-6338(10:00~18:00 日曜・祝日定休)

メールフォームはこちら

↓

2.現場の確認

[画像]現場の確認

東京・埼玉・千葉エリアを対象に、お問い合わせから24時間以内に現場確認を行わせていただきます。
なお、ご希望や建物の謄本、図面などがございましたら事前にご用意いただきますとスムーズに対応できます。

↓

3.お見積もりの作成とご契約

[画像]お見積もりの作成とご契約

現場調査の後、お見積もりをお出しします。
追加料金の発生がないように、事前にご希望内容を提示していただけますと幸いです。
お見積書をご確認いただきご納得いただいたうえで、請負契約を締結します。

↓

4.建設リサイクル法に基づく届け出

80m2以上の建物解体には、建築リサイクル法に基づき、施工開始の7日前までの届け出が必要になります。
お客様には委任状をご用意いただき、当社が責任を持って届け出を代行させていただきます。

↓

5.ご近所へのあいさつ

施工前に、スタッフが近隣住民の方に工事内容を記載したチラシを配布します。
なお、施工ではできる限り近隣の皆様にご迷惑をおかけしないように、細心の注意を払い作業を行います。

↓

6.解体実施

[画像]解体実施

安全・丁寧を心掛けてお客様の大切なご自宅・建物の解体をいたします。

↓

7.産業廃棄物の処分

解体作業を進めていく中で出た廃棄物の処分に関しては、不法投棄を防止するためにマニフェスト(産業廃棄物管理票)を作成し、最終処分までの過程を記録します。

↓

8.施工完了・お引き渡し

解体が終了しましたら、綺麗な状態でお客様にお引き渡しします。
掃除はもちろんのこと周辺の後片付けもきちんと行います。

↓

9.建物滅失登記の申請

解体後は、1ヶ月以内に建物滅失登記をしなければいけません。
滅失登記とは、法務局の登記簿上で対象となる建物が存在しなくなったことを報告するために必要な登記です。
この手続きを怠ると、金融機関からの融資が受けられなくなったり、10万円以下の過料に処されたりすることがありますので、責任を持って当社が代行させていただきます。

↑PAGETOPへ

Copyright©解体工事ならWORKS|東京.All Rights Reserved.